前へ
次へ

髪を乾かすときに気をつけたいことやコツ

お風呂の後の髪を乾かすのはつい面倒くさくて、自然乾燥や適当にドライヤーで乾かしてしまいがちです。
しかし、自然乾燥をするとトリートメントの成分が出てしまったり、雑菌が繁殖し頭皮にダメージを与えてしまいます。
ドライヤーを使うことで髪を傷めずに乾かすことができるので怠らないようにしましょう。
コツとしては、ドライヤーを使う前にタオルで髪を挟んでよく水気をふき取ります。
その後洗い流さないトリートメントをつけると熱から髪を保護することもできるのでおすすめです。
ドライヤーを髪から20cm以上はなし、根元から毛先の順番で乾かしていきます。
根元を先に乾かすことでドライヤーの時間を短縮できダメージを抑えられます。
このとき同じ場所に長く当てすぎないように注意しましょう。
8割ぐらい乾いてきたら手ぐしでとかします。
上から下に少し引っ張るようにするのがコツです。
最後に冷風を当てると、キューティクルが締まりツヤツヤの髪になるので試してみてください。

Page Top